人生がつまらないと感じていた時期があった

昨日と同じ今日
今日と変わらないであろう明日

こんな日常が延々と続いて行く

うんざりだ。。。
そんな思いに支配されかかっていたある日

当時、非常勤で勤務されていた先生から1枚の写メが届いた

私が当時住んでいた近所の庭園の紅葉の写真

すぐに起きて、庭園に向かった

こんな近くに美しい景色はある
いつでも行けると思っていた

昨日と同じ今日があるのではない
今日と同じ明日が続くのではない

いつでも行ける
そう思う心が世界をそう見せているだけ

死を覚悟して生きよ
ハイデガーら実存主義者の言葉

激しく消耗する生ばかり定期的に繰り返してきた

そんな疲れた自分を救ってくれたのは1枚の写真

そして、何でもないところに答えはある

いつでも出来る
そう思っていることを大切に

いつでも出来る
そう思っていることを今やろう

広告