開発者の姜先生から、被災地へのID無償提供のお申し出があった
コロコロイングリッシュを自分でも試してみました。

http://www.collocollo.jp/index.html

まだ使い始めたばかりなので、全体的な学習システムは把握していませんが
本当に素晴らしいe-learning教材ですね。

数あるe-learning教材の中でもトップレベルと評価されている理由がよく分かります。

まずコンテンツですが、中学1年生レベルからTOEIC受験者まで幅広く対応しています。

学習の基本は重要例文の学習。

学習の流れは

① 重要英文の解説で文法・語彙の理解につとめる。
② タイピングで単語・連語を5回反復練習。
③ 英文を5回オーバーラッピングで音読。<録音して自分の発音チェック(機能開発中)>
④ フレーズ単位でのオーバーラッピングで5回反復練習。
⑤ チェックテスト
⑥ 後日復習。次の日には黄色信号。2日たつと赤信号。
⑦ マイルをためる = 学習実績が分かる

となっています。

特徴としては、

①「聴く・覚える」が徹底的に反復練習出来ること
② リターン学習を意識して作られていること
③ 学習量が自分で、あるいは教員側でデータとして把握出来ること。

などが挙げられると思います。

「継続は力なり」 という言葉を実現する素晴らしい教材ですね。

コンセプトだけでなく、実際に使った学生の成績を伸ばしている実績から考えても
今後さらに注目されるソフトだと確信しました。

もちろん、この教材をさらに活かすために応用力をつけるケアーを現場の教員が工夫していく必要があると思います。

また、最近の生徒はPC離れというか、スマホがメインのアイテムになってしまっているのでキーボードによる入力は特に中学段階では別の指導が必要かもしれません。

興味をお持ちになった先生方は是非活用されてみてはいかがでしょうか?

広告